KDS おすすめ情報
主な対応エリア


【茨城県】
 龍ヶ崎市、取手市、牛久市、つくば市、守谷市、稲敷市、かすみがうら市、つくばみらい市、 土浦市、石岡市、常総市、美浦村、阿見町、河内町、利根町など

【千葉県】
 我孫子市、柏市、成田市、印西市、野田市、流山市、栄町、神崎町、白井市、松戸市など

 ※上記以外の市町村も、対応しておりますので、ご相談ください。



グッドキャリア企業アワード2016 イノベーション賞を受賞


 厚生労働大臣 政務官の堀内詔子氏が同社を視察
 〜みんなの雑誌 2017年5月26日号に掲載〜








整備戦略(2013年7月号)に掲載

題名「職人気質から、いかに意識改革へと導くか」
〜2代目経営者の奮闘と行動力〜
 (一部抜粋)

1967年の創業以来、セルモーターやスターター、オルタネーター、噴射ポンプなどを修復する固有技術を生かした自動車電装整備業として事業を展開してきた。

現在は会長に就く湯沢社長の父が45年前に創業、湯沢文一社長が2012年に事業を引き継いだ。
・・・
もともと自社でリビルト部品の製造と販売を手がけており、電装整備の経験も豊富だった。そこに技術とノウハウを積み重ね、診断の有料化も可能となった。今は、外部講師を招いて技術講習なども行っている。


日刊自動車新聞(2013年6月3日)に掲載

「整備新時代」 品質管理を徹底し、差別化図る
〜顧客目線のサービスに注力〜
 
(一部抜粋)

先代から事業を受け継ぎ、強化しているのが、.丱奪謄蝓爾猟鶲独稜筺↓通信型ドライブレコーダーの拡販、C罅β膩織肇薀奪の出張修理。

なかでもバッテリーの提案販売は全社員が営業マンという認識で取り組み、・・・「川原代自動車電機工業所に任せれば安心だ」と思ってもらえるように信頼性の向上に努めている。

認証工場も取得。車両総合整備、不具合判断から単体点検、診断、分解、修理、完成テストまでをトータルできることを強みにしていきたい。


無事故プログラムDRがマスコミに紹介!

日本経済新聞に掲載されました!
 (一部抜粋)
「まさかあんなに危険運転があるとは思わなかった」。導入1カ月目にシステムが感知した危険運転は280件。翌月は391件に達し、中には事故寸前の状況がいくつもあった。

安全運転に自信があった分、会社側のショックは大きかった。システムが記録したデータを基に個人指導を開始。結果、危険運転は8ヶ月で1/5に減少し、現在では事故に繋がる危険運転はほぼ皆無になったという。
「ドライバーが自分で気づかない癖までわかる」など、客観的に指摘できるのもメリットだ。

事故の減少で保険料が3割減ったほか、運転の変化で燃費が改善。燃料費の削減という予想外の成果も表れた。







ページの先頭に戻る